岐阜県関市にあるコミュニティ・ブックカフェです。まちづくりNPOぶうめらんが運営しています。本を通じた新たなコミュニケーションが生まれる場となり、本の町関市となることを目指しています。


by bookeka

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブックエカは、8月からシステムを改定します。
ブックエカオープンから2ヶ月が経ちます。なにぶん全国的にもめずらしい取組み。試行錯誤をしながら進めております。
もっと人と本がつながるお手伝いをできるように、本を読む落ち着いた時間を提供できるように。

そのために、8月1日から次のように変更します。

■システム変更のお知らせ
これまで、本を読んでいくよ~という方からは、店内の受付机で読書空間利用料500円をいただき、フリードリンクを提供してきましたが、ブックエカの目指す「本を通した交流」をより充実させるために、フリードリンクは止めることにしました。それに代わるものとして、「本との出会いセット」を用意します。受付机で読書空間利用料500円(高校生以下300円)をいただいたら、読書が充実し、新たな本との出会いが期待できる「本との出会いセット」をお渡しします。どうぞゆっくり読んでいって下さいね~。

もちろん、古本物色のみは無料のままでーす。

----------
本との出会いセットの中身はこのようにします。
①飲料1本 ←何種類か用意しますのでお好きな飲み物を選んで下さい
②一口お菓子  →これであと一時間は頑張れます
③ペーパーナフキン →拭いたり、メモにしたり使って下さい
④付箋1枚 →よければ本の紹介を記入してください!良かった本のタイトルとその紹介文を書いて、本のあった棚に貼り付けていって下さい 
⑤エカおすすめ文庫1冊プレゼント →これも何かの縁です。 
----------

■定休日増設のお知らせ
エカ休業日を日曜のみとしてきましたが、月曜と祝日も休みにします
エカ休業日:日・月・祝日 休み

以上、よろしくお願いいたします。
[PR]
by bookeka | 2013-07-31 00:36 | ブックエカとは

新しい本の入荷

ブックエカも開店して2ヶ月。少しずつみなさんに知っていただけるようになってきました。
最近ブックエカでの出来事を少々ご紹介。

「悩めるオヤジの本棚」プロデューサーの神谷さんが、本を入れ替えにきていただけました。
f0296793_1359029.jpg

重松清さんの本がどんどん充実してきます!本を入れ替えてもやはり「悩めるオヤジの本棚」!

そして、本棚プロデューサーでもある川嶋さんが、本を寄贈いただけました。
f0296793_1412065.jpg

今回は子ども向けの本です!
川嶋さんのイチ押しは椋鳩十・編「小さい小さいこいものがたり」だそうです。ネエさんがそう言うなら読まなくちゃ!たしか、「おとなになれなかった弟たちに・・・・・」は国語の教科書に載ってたような?国語のテストだったかな?

そして、御大、土本さんから、新たに三冊寄贈いただけました。
f0296793_1422547.jpg

写真の構図が前回撮ったものとほぼ同じです(笑)


せっかく持って来ていただいた本を棚に埋もれてしまうのももったいないので新入荷コーナーも作りました〜。
f0296793_1462052.jpg

この中の本は、多くが販売させていただいておりま〜す。
[PR]
by bookeka | 2013-07-27 14:08 | 本の入荷
暑いですね

さて、ブックエカは普段は12時~20時、日曜定休でお店開けておりますが、

店長夫妻はこの週末にお休みいただきますので、
19日~22日のブックエカの営業日・時間は次のようにさせていただきます
変則的ですみません

19日(金)臨時休業
20日(土)短縮営業 13時~17時
21日(日)定休日
22日(月)臨時休業
23日(火)からは通常営業で、12時~20時で開けています

今週土曜の午後は、あの御方が皆さまをお待ちしています
夕方までにお越し下さい
[PR]
by bookeka | 2013-07-18 16:34 | エカ営業時間
本棚プロデューサーの棚が、どんどん変化しています。
本棚プロデューサーについては以下を参照してください。
本棚プロデューサーについて

今日は、新たに本棚プロデューサーが誕生しました。
「ソーシャルサロン」社会問題を考える取組みをしている太田陽大くんです。
テーマは「人生を耕す本棚」。マーケティング関連はじめ経営者の本などビジネス本が並びます。
f0296793_1831596.jpg

知的な本を持ってぱちり(笑)

また、本棚プロデューサーのおやそだちの会さんが新たに強烈な本を持ってきてくれました。
その名も「日本一醜い親への手紙」・・・。
手に取るのもためらわれるタイトル(笑)
確かに新たな一面が見れるかもしれません。

そして、最近新たにはじめた取組みが「ポストイットでコメントシェア」です。
本に一言感想を書いて貼る仕組みです。
ご自身の本でなくてもOK。一冊にいろんな人の感想が溜まっていけばいいなと思っています。
まずは、本棚プロデューサー川嶋さんがご自身の本に貼ってくれました。
f0296793_1836786.jpg


どんどん本も増えていますし、プロデューサーの棚も変化しております!
[PR]
by bookeka | 2013-07-04 18:36 | 本/本棚プロデューサーの紹介